時間。空間。人間。

10月20日から三週間以上ずっと西蓮寺に居ります。住職を<住んでいる職>というなら、ここのところ住職です。普段は行ったり来たり出たり入ったりですから<不住職>でしょうか。不徳のいたすところ。

10月29日には半分位の紅い姿を見せていた裏山の樹も、 今日11月12日には随分誇らしく姿を変えました。時間の流れを感じます。
このところ、ご門徒さまのお家に報恩講参りさせて頂いております。みなさまお荘厳を整えて丁寧にお迎えであります。いろんなお姿と出遇わせていただきますが、憶えておられるでしょうか≪ 住職あれこれ ≫の2011年11月6日書き込みの <赤いケーキ> のお姫さま2人。

あれから7年です。今年も一緒にお参りしてくれましたが、なんと2人でお抹茶の接待をしてくれました。・・・・感慨深く時間の流れを感じつつ、姿を見つめます。 ありがとう。

そして『娘ふたりの仕事が休みの日に来てくださいね。一緒にお参りしたいですから。』と仰ってくださっていたお家。ご近所のお友達にもお声をかけて頂いていて、さながら法座のような賑わい。住職、嬉しさのあまり心なしかお話にも力がこもります。 いや、けっして人数ではありませんが、そこは凡情としてこもってしまっていたでしょう。 お家からとは別に娘さんお二人の連名で包みをかえたお布施まで頂戴してしまいました。  恐縮のかぎり。

それぞれのお方がそれぞれの 心のこもった 報恩講お迎え。 この座布団に座らせていただいたのはついこの間のように感じつつ、 ご一緒にお勤めさせていただく度に、『 今年もご一緒させて頂きました 』とご挨拶してひと言のお話をはじめます。

住職釈知浩 (栗山知浩)

平成14年・西蓮寺十七世住職継職
古書画保存修復表具師でもあり、島根と京都行ったり来たり。

山に囲まれた小さなお寺。
たまに人が集まり、タヌキも集まり…
あなたもそこに仲間入り、ようこそ。

メッセージ・お問い合わせは
zikutomo@khh.biglobe.ne.jp まで。

Copyright © 2010 Sairen-Ji Temple. All rights reserved.