『 手紙 』。

先日、「母の日」にラジオから聞こえてきた話題。
子供が母親にプレゼントしたいものの上位は花、アクセサリー。母親が子供からプレゼントして欲しいものの上位は花、そして「手紙」。
手紙は嬉しいものです。上手でなくても一文字一文字書いてくれた手描きの手紙は尚の事。
「手」は「こころ」、といいます。  手当て・手助け・手伝い・手弁当・・「手」のつく言葉は沢山ありますがそこには皆、こころが込められてあります。     例えば「手弁当」は、お店で沢山売っているものではなく大事な誰かが食べる姿を思って作られたお弁当です。   「手紙」もただの紙ではなくて、こころが込められた一枚です。 

平成5年に亡くなった祖母は晩年、家の中でも愛用の「巾着袋」を下げていました。一体あの中には何が入っているんだろうか・・・陽の当たる縁側に腰かけて巾着袋を開けます。取り出したのは「手紙」。封筒から出して広げて読んでいます、しばらく広げています。そしてしまい込むと次の手紙を出して読みはじめます。   遠くに住む娘・息子からのものもありましたが、智ちゃんという孫娘からのものが多かったように思います。( 当時わたしも遠くにいた孫ですが祖母宛てには全く書いてなかったです。 申し訳なくも )   しばらくして立ち上がり巾着袋を持って歩いていますが、そのうちまた腰かけて取り出しています。    なぜ、何度も何度も読むんでしょう。 

一冊の小説。昔読んだ事があるからもう読まないというひともあるかと思いますが、10年経って久々に読んでみたら以前は何気なく読み進めていたひとつの文章・ひとつの言葉に考えさせられる新しいものを発見する事があります。  それは10年の経験・出会い・歩みを通して読むので、新しい自分が読んでいるからでしょう。 新しい自分と出会っている時とも言えますでしょうか。

祖母にとって当時それほど新しい出会いも出来事もなかったでしょう。 それでも同じ内容のものを何度も繰り返し読めるのは、「手紙」には「こころ」が込められてあるからでしょう。
届いたその時から始まったのが手紙ではありません。そのひとを思いそのひとの姿を思い長い時間をかけて書いてくれている時間から始まっています。 いえもっと、手紙をかこうかなぁ・・と思った時からすでに始まっています。  どんな内容かよりも大事な事、そのひとを思う「こころ」そのものがそこにあります。 電話で声を聞かせてくれるのも嬉しいことですが、手紙は何度も読める、何度もその思いに包まれるという良さがあります。 

『わたしを思ってくれているひとがいる。おそらく今も。』

その事に静かな喜びと今日を大事にしようという力をあたえられていたのではないかと思います。  祖母は巾着袋を開けて同じ手紙を何度も読んでいました。

頂戴する経典「お経」もお手紙です。わたしの事を思いわたしに届けられた釈尊のおこころです。  何より『 南無阿弥陀仏 』とわたしの声として聞こえる名号は、如来さまの「こころ」そのものです。 それは口から出た時から始まったのではなく、法蔵五劫の思惟からわたしを思いに思い続けられてある「こころ」そのものです。 

小説を開くように何度も何度も同じ「こころ」にふれる時、その度に新しい発見と新しい自分との出会いがあるでしょう。 
手紙を開くように、開く度に『 わたしはずっと思われている 』とこの歩みの尊さに気づかされ続けます。  そして生活する、聴聞する。重ねるたびに聴聞も生活もより深まってゆくことが喜びと共に気づかされます。 

『ポッチャーン栗山、穴ふさぎ。』

永代経法要が勤まったのが4月8日。 三隅組実践運動研修会が周布の専称寺さま会場で開かれたのが4月23日。  その夜、講師のケネス田中先生と懇親の会で楽しくしかもご法義話にまで繋がる事が有難い事。かなり杯も進み、その場で話したわたしの昔のとあるエピソードが気に入られたらしく、後日頂いたメールには『 栗山ポッチャーン様 』となっていました。 返信に『 ポッチャーン栗山 』と名乗ったところ、良く似合うニックネームだと思いますよと頂きました。  『 ポッチャーン 』とは一体何なのか・・・気になるお方がいて下さいましたら又お会いした時にお尋ねください、ポッチャーンって何ですかって。
これまた中々有難くも笑えるお話でして。

そして今日9日は京都下京区のとある大きな大きなお寺の書院で屏風の出張修復です。 
六曲屏風九體に大小の穴破れが30か所。  重いですし色々な方が扱われるので傷むのは仕方ありませんか・・。   全面修復となると大変な金額になりますから、そこは困った時の栗山さん。  広い部屋にて朝から一人っきり孤独にひたすらに穴と向き合いました。
遠目には十分目立たなくなったと思います。 

やってるうちに穴ふさぎがドンドン上達する自分が可笑しくて。

準備OK。

さて明日は永代経法要。ご講師に益田・川本義昭師をお招きいたします。
準備もひと段落。少々辺りを回ってみます。

玄関には以前お越し頂いた二葉憲香師の『 自然法爾 』。父がご無理申してその場でお願いしたもの、以来数十年ここに。

松と藤の下に可愛らしい花が。 わたくし、花の名前にうといもので、「可愛らしい花」と呼んでいます。

裏山には先代・先先代が苦労した杉。 そして桜。 桜越しに見える本堂屋根。

『無礙道』。先々代が文言を選び、先代が揮毫。 
そうですよね・・頂いたこの道は無礙の道。  さて、明日は多くの方が歩まれた道をご縁に 永代経法要です。

< 思い 思われ。>

新しい歳を迎えはや23日。16日には親鸞聖人御正忌の法座、今年は例年より暖かな日でありました。少人数であってもすっかりお顔なじみの皆さんとゆったりご縁を。お話の途中『 ご院家さん、いっぺん聞いてみたいと思ってたんですがいつも忘れて・・。今その話を聞いて思い出したんですがいいですか? 』『 はいはい、いいですよ。 』って感じで。  実にいいです。
そのご質問を他人事にせず聞いておられる皆さん、『 それ、ちょっと私もいいですか。 』
うちの本堂でさえあまりない事です。皆さんこんなに積極的でしたでしょうか、若々しい!

<クイズ浄土真宗>という本を片手に開いたところのクイズを出して、そのことについてアレコレお話してみたのが良かったんですかねえ。  いつかまたやってみましょう。

さて表装のお仕事もしっかりやっております。修復が多いです。 古く傷んでいてもそのまま丸めて仕舞っておくのではなく、費用がかかってもまた掛けられる様に直す。どれもお一人お一人にとってはかけがえなく大事なものであるという事です、わたしにとっては大事という事。

お内仏掛けの小さい三幅の古いお軸がまいりました。五十代( 縦35㎝×横12㎝ )、ご本山からの裏書もあります。これを三つ折り屏風仕立てで閉じれば( 縦21㎝×横11㎝ )くらいになるように仕立ててくれというご依頼。 
お寺さんからのご依頼で詳しくはお聞きしておりませんが、おそらく。
最近は<墓じまい>どころか<仏壇じまい>が多くなっている事を各方面からよく聞きますし、相談を受けてもおります。( 仏壇じまい、というのも お魂抜き、というのも マチガイですが! )    少子化となり家の造りも変わってきた昨今。

そんな中、ある老母がお亡くなりになりました。老父は随分以前に亡くなっておられます。残られたのは娘さんお一人。もう嫁いでおられます。 ご実家は処分することになりました。 そこには、ずっとお礼してこられたお内仏( 仏壇 )が。  娘さん嫁がれたさきにはお内仏がございます。そこにこのご実家の仏さまを並べて・・というわけにはまいりませんし、そうするものでもありません。  そこで、最期のお礼のお勤めをして壇そのものやお道具は仏壇屋さんに引き取ってもらって処分をお願いしますが、中に掛けられているご本尊のお軸と両脇の親鸞聖人・蓮如上人のお軸はどうしようか・・。  仏壇屋さんに持って帰ってもらって処分を・・いや、そんな。 お寺さんに持ち帰ってもらって・・そうするのも選択肢のひとつです。受けて下さるでしょう。 

そのご相談とお願いをされたお寺さん、娘さんの何かを感じられたのではないでしょうか。
そこで、三つ折り屏風に仕立て直してご自分がお持ちになってはどうかと勧められたのではないでしょうか。  お父さんがお母さんがおじいさんがおばあさんが、何より娘さんが小さい時からお礼してきた大事な仏さま。  持仏として大事に手元にされてはどうですか、と。

そしてこの度、わたしのところにこの仏さまがいらっしゃったのです。 です、ではありませんでしたスミマセン。 わたしの想像です。  想像。  お仕事しながら思いながら。

この形になっておられると、旅行先でも立てて朝晩お礼できますね。 とかも思いつつ。
今までにも三つ折り仕立てのお仕事はありましたが、この度は特にそうに違いないと思ってしまいました。 なぜでしょう。

今年の年賀状。  いろいろな思いを持って描いたつもりの年賀状。
このことが頭にあったのかも知れません。
< 思い 思われ・・ >

住職釈知浩 (栗山知浩)

平成14年・西蓮寺十七世住職継職
古書画保存修復表具師でもあり、島根と京都行ったり来たり。

山に囲まれた小さなお寺。
たまに人が集まり、タヌキも集まり…
あなたもそこに仲間入り、ようこそ。

メッセージ・お問い合わせは
zikutomo@khh.biglobe.ne.jp まで。