八田保商店。

もう随分長くお付き合い頂いていると思います。本願寺前、八田保商店さん。
香の香りのする中、店主・奥さんそしてお母さんが念珠を繋いでおられます。皆さんとても穏やかな気持ちのいい方。   表具の仕事で伺う事が多いのですが、話の合間に店内にある種々の念珠を眺めるのも楽しみです。珍しい木実や石玉のお話も聞かせて頂きながら。

この日も表具の事で伺いましたが、『 そうだ、これなんかはどう思われます?正直なご感想を。 』と店主が奥の作業場から出してこられました。ハウライト(だそうです)の小玉が気に入って数連分仕入れられたとの事。 それをルチルクオーツ(金線入り水晶、だそうです)で仕立ててみたと。 

夏に似合いそうな白、珠一粒一粒が持つ微妙な表情。小粒というのが上品です。長く編み込まれた紐は3種類、  白珠が持つ文様の色を使った紐・・・・見事!  センスいいですね、店主。
限定品にてあと数連のみしか仕立てられないそうです。

30年以上前、亡父から切れた念珠の繋ぎ方と紐の編み方を教わって以来、実に沢山の念珠を繋いできました。切れたご縁で紐を工夫してオリジナルにしてみたり、叔父がインド・中国から持ち帰った大量の珠を仕立てたり。   そのうち、海外に旅行する知人に安価な首飾りを買ってきてもらって念珠に仕立て直す面白さに目覚めたり。
気づけば随分な量が手元にあります、材料。 

そのうち又ぼちぼち繋ぎましょう。 陽あたりのいい縁側にすわりながら。 

綺麗な念珠を見せてもらい、思い出して久々に材料袋に手を突っ込んで色々触ってみました。

住職釈知浩 (栗山知浩)

平成14年・西蓮寺十七世住職継職
古書画保存修復表具師でもあり、島根と京都行ったり来たり。

山に囲まれた小さなお寺。
たまに人が集まり、タヌキも集まり…
あなたもそこに仲間入り、ようこそ。

メッセージ・お問い合わせは
zikutomo@khh.biglobe.ne.jp まで。

Copyright © 2010 Sairen-Ji Temple. All rights reserved.